Universal Document Converter
製品の概要
ダウンロード
ご購入
チュートリアル
開発者の方へ
サポートサービス
fCoder Groupについて


      サイト検索
   


      Video tutorial
Show tutorial



Main page>Tutorials>変換チュートリアル

Excelファイル(*.xls)からJPEGへの簡単な変換手順!


Universal Document Converterは、文書をJPEG、TIFFその他のグラフィカルファイルに変換する最も完璧なソリューションです。 Universal Document Converterの潜在的なベースは、 仮想プリンティングの技術です。 その結果、Excelファイル(*.xls)のJPEGフォーマットへのエクスポート、デスクトッププリンタでの印刷ほど簡単になりました。

Excelファイル(*.xls)の変換を開始するには、このマニュアルの手順に従います。

  1. ダウンロードして、Universal Document Converterソフトウェアをご使用のコンピュータにインストールします。

  2. Microsoft ExcelでExcelファイル(*.xls)を開いて、メインメニューからファイル>印刷...を選択します。

    Microsoft ExcelでExcelファイル(*.xls)を開いて、メインメニューからファイル>印刷...を選択します。

  3. プリンタリストからUniversal Document Converterを選択して、プロパティボタンをクリックします。

    プリンタリストからUniversal Document Converterを選択して、「プロパティ」ボタンをクリックします。

  4. 設定パネルで、設定を読み込むをクリックします。

    設定パネルで、「設定を読み込む」をクリックします。

  5. ファイルを開くダイアログボックスで、 Worksheet to PDF.xmlを選択してから、開くをクリックします。

    「ファイルを開く」ダイアログボックスで、 Text document to PDF.xmlを選択してから、「開く」をクリックします。

  6. ファイルの種類タブでJPEG画像を選択してから、 OKをクリックして、さらにUniversal Document Converterのプロパティウィンドウを閉じます。

  7. Microsoft Excelの印刷ダイアログボックスOKをクリックすると、変換が開始されます。 JPEGファイルが準備されると、それはデフォルトでマイドキュメント\UDC Output Filesフォルダに保存されます。

    変換処理中です。

  8. 変換されたスプレッドシートは、Windows画像とFAXビューアまたは、ご使用コンピュータでJPEGファイルに関連付けられたその他のビューアで開かれます。

    Windows画像とFAXビューアで開かれた変換スプレッドシート。




関連トピック
その他の変換チュートリアル
異なる文書の変換先 JPEG


© 2001-2013 fCoder Group, Inc. fCoder Groupについて | プライバシーポリシー | サイトマップ