Universal Document Converter
製品の概要
ダウンロード
ご購入
チュートリアル
開発者の方へ
サポートサービス
fCoder SIAについて


      サイト検索
   


      Video tutorial
Show tutorial



Main page>Tutorials

ネットワークプリンタとしての共有


Universal Document Converterをネットワークプリンタとして使用すると、複雑なタスク解決の効率が劇的に高まります。 ご使用のサーバーがUniversal Document Converterを共有すると、複数ページの文書や大判ドローイングの処理が容易になり、ユーザーは文書やドローイングの変換処理で待たされることなく、迅速に作業を進めることができます。

1. サーバーの設定
  • システム要件: Microsoft Windows 2000Windows XP、またはWindows 2003
  • Universal Document Converterをインストールします。 ご使用のコンピュータがプリントサーバーとして機能します。 文書がラスタ化されて、画像ファイルとして保存されます。 格納場所として他のネットワークロケーションを指定しない限り、出力ファイルもご使用のコンピュータに保存されます。
  • スタート>設定>プリンタによって、インストールしたUniversal Document Converterのコピーを共有します。 共有するネットワークプリンタ名として、UDCを指定します。
     
    Universal Document Converterをネットワークプリンタとして共有する
    注! ネットワークプリンティングを有効にするため、ユーザーはプリントサーバーにログインする必要があります。 プリントサーバーへのアクセスを禁止する必要があれば、「ログアウト」の代わりに 「ロックコンピュータ」オプションを使用できます。


2. ワークステーションの設定

  • システム要件 Microsoft Windows 2000Windows XP、またはWindows 2003
  • ワークステーションに、ローカルでインストールされたUniversal Document Converterのコピーが、 ご使用のサーバーにインストールしたコピーとは異なるバージョン番号で存在する場合は、そのローカルプリンタをスタート>設定>コントロールパネル>プログラムの追加と削除で削除します。
  • ワークステーションに、ネットワーク経由でインストールされたUniversal Document Converterが、ご使用のサーバーにインストールしたものとは違うバージョン番号で存在する場合は、
    スタート>設定>プリンタでそれを選択してから「削除」ボタンを押します。
  • UDCプログラムの旧バージョンを削除した場合は、そのワークステーションを再起動します。
  • ネットワークプリンタをインストールするには、スタート>設定>プリンタプリンタの追加で、 プリンタサーバにあるUDCネットワークプリンタを選択します。
     
    ネットワークプリンタ追加ウィザード

これで作業を開始できます!




関連トピック
汎用変換チュートリアル
 


© 2001-2017 fCoder SIA fCoder SIAについて | サイトマップ