Universal Document Converter
製品の概要
ダウンロード
ご購入
チュートリアル
開発者の方へ
サポートサービス
fCoder SIAについて


      サイト検索
   


      Video tutorial
Show tutorial



Main page>Tutorials

Windows XPによりリモートで作業


Remote Desktop Connectionソフトウェアによって、Universal Document ConverterをリモートのWindows XPコンピュータで、ローカルコンピュータと同様に使用できます。

1. リモート(ホスト)コンピュータの設定

  • Administrator(管理者)特権でログインします。
  • スタート>設定>コントロールパネル>システムを開きます。
  • リモートタブで、このコンピュータにユーザーがリモートで接続することを許可するチェックボックスにチェックを入れ、リモートユーザーの選択ボタンをクリックしてユーザーを選択します。
    Windows XPによるリモート(ホスト)コンピュータの設定
  • 追加ボタンをクリックして、リモートで接続が許可されるユーザーを選択します。
    リモートによるユーザーの接続を許可
これで、ご使用のコンピュータをリモートデスクトップホストとして使用できます。


2. クライアントコンピュータの設定

  • Windows 95/98Windows MeWindows NT 4.0Windows 2000/2003
  • Windows XP:
    • このリモートデスクトップ接続ソフトウェアは、Windows XP Professionalにあらかじめインストールされていて、スタート>プログラム>アクセサリ>通信で見付けることができます。
    • また、このソフトウェアパッケージは、Windows XP ProfessionalまたはWindows XP Home Editionの、製品CDからインストールもできます。

3. リモートデスクトップセッションの開始

  • クライアントコンピュータで、Remote Desktop Connection Clientソフトウェアを開きます。
  • リモートデスクトップ対応ホストコンピュータの名前またはIPアドレスを入力し、接続ボタンをクリックします。
    リモートコンピュータに接続されます。
  • Windowsへのログオンダイアログボックスで、 ユーザー名、パスワード、(必要ならば)ドメインを入力し、OKをクリックします。 「リモートデスクトップ」ウィンドウが開き、リモートコンピュータのデスクトップ設定、ファイル、プログラムが表示されます。

これで、リモートコンピュータのUniversal Document Converterを、ローカルコンピュータでと同様に使用できます!




関連トピック
汎用変換チュートリアル
 


© 2001-2017 fCoder SIA fCoder SIAについて | サイトマップ