Universal Document Converter
製品の概要
ダウンロード
ご購入
チュートリアル
開発者の方へ
サポートサービス
fCoder SIAについて


      サイト検索
   


      Video tutorial
Show tutorial



Main page>Product Overview

「変換後の操作」機能


「変換後の操作」機能によって、Universal Document Converterによって生成されたすべてのファイルを、 各特定ファイルタイプに関連付けられたデフォルトビューア、またはご使用コンピュータにインストールされた任意の他のアプリケーションでただちに表示させることができます。 また、自社開発のアプリケーションを実行して、各出力ファイルに任意のカスタム処理を追加できます。

次に示すスクリーンショットでは、この種のファイルに関連付けられたデフォルトビューアで、各出力ファイルが表示されるように、Universal Document Converterを設定する手順が分かります。

この種のファイルに関連付けられたデフォルトビューアで、各出力ファイルが表示されるようにUniversal Document Converterを設定します。

次のスクリーンショットでは、他のアプリケーションで各出力ファイルが表示されるようにUniversal Document Converterを設定する手順が分かります。

他のアプリケーションで各出力ファイルが表示されるように、Universal Document Converterを設定します。

パラメータフィールドに使用できるコマンドラインのパラメータには、次に示すものが含まれます。

&[OutFile(0)] - 出力画像ファイルの完全パスを指定します。 たとえば、
"C:\UDC Snapshots\Documents\article.tif"

&[OutFile(1)] - 8.3フォーマットによる出力画像ファイルの完全パスを指定します。 たとえば、
C:\UDCSNA~1\DOCUME~1\article.tif

&[Copies] - アプリケーションに設定するコピー数を指定します。 Universal Document Converter
は各ページに対してそれぞれ1つの出力ファイルのみを生成します。




関連トピック
汎用ページ
汎用変換


© 2001-2017 fCoder SIA fCoder SIAについて | サイトマップ